グッと盛り上がった僧帽筋は、かっこいいです!

顔に近い部分なので目立ちますし、アピールしやすいのも良い点です。

 

僧帽筋上部は狙って鍛えなくていい

僧帽筋上部は、背中や三角筋の筋トレ時に使われることが多いので、特別鍛えなくてもいいです。

特に三角筋の筋トレ時には、僧帽筋が動員しないように意識すべきとされているくらい使われやすいので、言ったら勝手に鍛えられる部位なんですよね。

 

そこそこの重量を扱っていれば、自然と発達し存在感を放ちやすい部位です!

 

僧帽筋上部を鍛えすぎると「なで肩」っぽくなる

僧帽筋がグッと盛り上がっているとカッコいいからといって、そこだけを集中的に鍛えるとなで肩っぽくなります。

せっかくカッコよく魅せようってことで筋トレ頑張ってるのに、なで肩みたいになったら残念ですよね。

 

盛り上がった僧帽筋とのバランスを保つ三角筋があってこそのカッコ良さなんですよね!

これがあるので、僧帽筋上部だけを狙って鍛えるトレーニングはやらなくていいんです!

 

僧帽筋を鍛えるのにオススメの筋トレ

ハーフデッドリフト

特に動員されやすいのが、「ハーフデッドリフト」です。

背中全体を鍛え上げるのにものすごく適した種目です。

 

バーベルを地面から引き上げる「デッドリフト」のハーフ版です。

地面から引かず、膝上くらいから背中の力でグイッと引き上げるトレーニングです。

背中の筋肉を鍛えるのに特化したトレーニングで、高重量を扱いやすいので、かなり効果的です。

ジムじゃないと出来ない筋トレではありますが、グッと盛り上がった僧帽筋だけじゃなく分厚い背中も作れます!

 

懸垂

懸垂でも僧帽筋は鍛えられます。

ハーフデッドリフトほどの負荷の強さはありませんが、ジムじゃなくても出来る手軽さが魅力です。

 

僧帽筋のみならず、逆三角形体型を生み出す広がりのある背中つくりに最適な最強筋トレ種目です!

公園とかの鉄棒でせっせと懸垂をしていれば、盛り上がった僧帽筋も広い背中も手に入ります。

【関連記事】懸垂の効果がヤバイ!逆三角形の細マッチョになるには必須!

 

サイドレイズ

サイドレイズは、肩(三角筋)の横を鍛える種目です。

ダンベルじゃなく、チューブでも鍛えられる!

 

肩幅を広く見せるのに最適な種目なのですが、鍛えるのが難しい部位でもあります。

 

その理由は、

  • 重量が扱いづらい
  • 僧帽筋が動員されてしまう

からです。

 

肩の横なので、出来る種目が限られているので重量が扱いづらく、更に僧帽筋が動員されることで負荷が逃げます。

なので、鍛えづらいんですよね。

 

ただ、そのデメリットが実はメリットでもあります。

鍛えづらい=頻繁にトレーニングをする=僧帽筋も同時に鍛えられる

こういったメリットがあります。

 

ひたすらにサイドレイズをすることで、バランスの良い肩周りが作れてしまうというわけです!

【関連記事】肩をデカく丸くする筋トレ法は?細マッチョ三角筋トレ

 

まとめ

  • グッと盛り上がった僧帽筋はカッコいい!
  • 僧帽筋は特別鍛えなくても、他の部位の筋トレで鍛えられる。
  • 僧帽筋をついでに鍛えるオススメ筋トレは、「ハーフデッドリフト」「懸垂」「サイドレイズ」
  • ジム通いが出来ない人は、ひたすらサイドレイズでも違ってくる!