細マッチョにプロテインが必要な理由 でも書きましたように、

 

細野マチョ道細野マチョ道

プロテインは便利なので、フル活用しようぜ!

 

というものです!

 

フル活用するということは、「ジャンジャン飲んでタンパク質を補おう」ということ!

この記事では、フル活用できるプロテインの選び方について書いています!

 

プロテインの選び方

主にプロテインには3種類あります。

 

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

です。

 

ホエイとカゼイン → 牛乳から作られている。

ソイ → 大豆が原料。

 

 

乳製品を食べない・摂らないという場合は、ソイプロテインを選ぶと良いでしょう!

そうでない場合は、ホエイプロテインを選ぶのが一般的です。

(カゼインは吸収がゆっくりなので使いづらいと言われています。)

 

細野マチョ道細野マチョ道

ホエイもソイも試しましたが、何だかんだでホエイに落ち着きました!

 

なので、とりあえずホエイを選んでおけばいいです!

 

牛乳でお腹を壊してしまう人は?

世の中には、乳糖不耐性という牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)を分解出来ない人がいます。

タンパク質を補給したいだけなのに、その度にお腹を壊していたらかなわないですよね。

 

そういう時は、

  • ホエイプロテインアイソレート(WPI)を選ぶ
  • ソイプロテインを飲む

という選択肢があります。

 

ホエイプロテインアイソレート(WPI)って何?

通常のホエイプロテインから、”乳糖と余分な脂肪分を分離”したものです。

 

乳糖が含まれていないため、乳糖不耐性の人でもお腹を壊すことなく飲めます

オマケにたんぱく質含有率も高く、効率的なタンパク質摂取が出来ます。

 

ただ、一手間かけている製法なので、通常のホエイプロテインよりも値段が高いというのが唯一のデメリットです。

 

細野マチョ道細野マチョ道

ホエイプロテイン(上位版)って感じ!

 

ソイプロテインの特徴・飲んだ感想

ソイプロテインは、大豆が原料なので乳糖は関係ありません。

乳糖不耐性の人でも問題なく飲めます。

 

ただ、ホエイよりもお腹に重たい感じがあるので、増量期には向かないかも知れません。

 

細マッチョになるためのプロテインのおすすめ

基本は、

乳糖不耐性の人 → ホエイプロテインアイソレート or ソイプロテイン

それ以外の人 → ホエイプロテイン

 

ゴリマチョ先生ゴリマチョ先生

私のオススメは、「コスパの高いホエイプロテインをケチらずガバガバ飲む」です!

 

なので、一気にまとめて購入することで安くなるマイプロテインがオススメです。

マイプロテイン「Impact ホエイ」5kg

5kg分が1つの袋に入っているので、かなり長持ちします。笑

1kgあたり1,300円ほどで最安。(33%オフのセール時)

※マイプロテインで買うなら、絶対にセール時がオススメ。

 

コチラの共有コード(2VPD-R1)を入力すると、初回限定で25%オフになります。

 

ザバスとかのプロテインの方がいい?

ザバスなどの国産プロテインが有名なだけに、そっちのほうが良さそうな気がしますが、そんなことはありません。

成分表を見比べれば分かりますが、特に違いはないです。

 

というより、CMなどをバンバンやっている分、ザバスの方が値段が高いです。

 

ザバスのホエイプロテインは、1kg4,000円くらい。

マイプロテインは、1kg約2,200円。(セール時は、1kg1,300円)

 

マイプロテインはイギリスのメーカーなので、注文から到着まで1~2週間かかります。

それまでのつなぎとして、ザバスなどのドラッグストアで買えるプロテインを選ぶのはアリだと思います。

 

細マッチョになるためのおすすめプロテイン選び まとめ

  • プロテインは大量に消費するものだから、コスパを最重要視する選び方がオススメ
  • 今まで色んなプロテインを買ってきたけど、マイプロテイン(セール時)が最安
  • ザバスなどの国産もいいけど、内容的には大差ない

 

こんな感じです!