たくましい胸板は服の上からでもアピール出来ます!

 

鍛える筋肉の優先順位 にも書きましたが、

腹筋のように見えないしアピール力の弱い筋肉を鍛えるよりも、

  • 大胸筋
  • 三角筋
  • 僧帽筋

など、服の上からでも「あ、筋肉ある!」

と、気づかれる部位を鍛えるのが先決です!

 

けれども、結構大胸筋が弱い、成長しにくいという人は多いんですよね。

重量を扱いやすい部位でもあるし、目立つ筋肉でもあるので真っ先に取り組んでジワジワと強くしていきたい部位でもあります。

 

ということで、そんな大胸筋に効きやすい胸板を厚くするための筋トレメニューを記して行きたいと思います!

 

【自宅編】胸板を厚くする筋トレ法

自宅で胸板を厚くすることは出来ます。

【参考ページ】自宅で細マッチョになるための筋トレメニュー

 

ただし、ジムで高重量で負荷をかけて分厚くした胸板にはかないませんし、時間もかかるのがネックです。

 

ですが、自宅で無理なく自由に気楽にできるのが、自重トレの良さ。

そんな自宅トレでオススメの大胸筋トレは、

 

ご存知、「腕立て伏せ」。

 

大胸筋に効く腕立て伏せのやり方

腕立て伏せは、手幅を広げることで胸に負荷がかけられます。

さらに手のひらをハの字に置くことで、より大胸筋に効きます。

 

胸がストレッチされるほど効きます。

 

慣れてきたら、プッシュアップバーなどを取り寄せてもいいし、分厚い本をプッシュアップバー代わりにするのもありです!

胸の筋肉が、伸び縮みすればするほど大胸筋に負荷がかかり、成長しやすくなります。

 

【自宅ジム編】胸板を厚くする筋トレ法

【参考ページ】自宅ジムを作るならこの器具がオススメ

 

自由な時間に好きなだけ”重量で負荷をかけながら”鍛えられるのが自宅ジムのメリットです!

自宅の自由さと重量を扱って負荷をかけられる美味しいとこ取りですので、筋肉の成長も早められます。

 

そんな自宅ジム筋トレでオススメの細マッチョ大胸筋トレは、「ダンベルベンチプレス」です!

これはダンベルフライ。

ダンベルベンチプレスは、両手で支えられるバーベルよりも重量は扱えません。

ですが、片手ずつであるため可動域が広く取れるメリットがあるんですよね。

 

より深いところから大胸筋を使ってダンベルを持ち上げることで、刺激がガツンと入ります。

 

YouTube見ながらフォームを学ぶのがオススメ

ダンベルトレーニングは、思いのほか難しいんです。

 

なので、YouTubeでボディビルダーやフィジーカーなどの専門家が解説してくれている動画を見ながら覚えるのがオススメです。

映像で見て、真似ていくとドンドン成長できます。

 

その筋トレをガンガン行えば、自宅で胸板を分厚くしていけます!

もちろん、腕立て伏せよりも確実に早く胸板を厚く出来ますよ!

 

【ジム編】胸板を厚くする筋トレ法

ジムでの大胸筋トレといえば、バーベルベンチプレスです。

バーベルベンチプレスは、軌道が固定されてない分バランスを取るための細かい筋肉にも刺激が入ります。

そういったメリットがあるのでベンチプレスがおすすめされています。

 

ですが、胸板を厚くするのが目的なのであれば、チェストプレスでも十分です!

【関連記事】ジムのマシンで細マッチョになるための筋トレメニュー

 

チェストプレスはベンチプレスと違い軌道が決まっていますので、バランスを取る必要がありません。

そのため細かい筋肉が鍛えられないというデメリットこそありますが、大胸筋にはダイレクトに効きます。

胸板を厚くするという目的はしっかりと果たせるんですよね!

 

それでいて、どこのジムにもあるし、安全性もバッチリですので、何より手軽です。

物足りなくなってからベンチプレスに移行するくらいでいいんです。細マッチョモテボディを目指すのであれば!

 

胸板を厚くする筋トレ法 まとめ

  • 自宅筋トレ→腕立て伏せ
  • 自宅でウェイトトレーニング→ダンベルベンチプレス
  • ジムで筋トレ→チェストプレス(物足りなくなったら、バーベルベンチプレス)

 

ゴリマチョ先生ゴリマチョ先生

ケガのリスクが低いながらも、筋肉への刺激は大きい。

「チェストプレス」がオススメです!