「テストステロンが多い男はモテる」とよく言われます。

このテストステロンは、別名モテホルモンとも呼ばれています。

 

Wikipediaのテストステロンに関するページによると、

テストステロン(testosterone)は、アンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種。

主な作用
・筋肉増大。
・骨格の発達。
・女性の男性ホルモン分泌の分泌量は前述通り男性の5-10%程度で、陰毛の発毛に関与する。

 

と書かれています。

 

ゴリマチョ先生ゴリマチョ先生

「筋肉がつく、骨格をデカく」

まさに男らしさの象徴となりますね。

 

生物学的に見ても、男らしさの象徴であるテストステロンが多い男性がモテるのは分かります。

 

テストステロンがモテホルモンなのは、石器時代から?!

そもそも男性は狩りをし、女性は家を守り子を育てるという性質の違いが太古の昔からあります。

ヒョロヒョロの男性よりも筋骨隆々な男性の方が狩りを成功させる確率は高いわけです。

さらには外敵から自身と女性、子供を守ることが出来るのも筋骨隆々な男性の方です。

 

遺伝子レベルで刻み込まれているわけですよね!

女性にとっては、『テストステロンが多い男性=私を守ってくれる』という本能レベルの情報が。

 

男性がムキムキの肉体を目指したりするのも、↑が本能的に刻み込まれているからでしょうね。

 

 

要は、

 

テストステロンが多い方がモテる!!

だから、テストステロンを増やすために色々しようぜ!!

 

ってことです!

 

フトシフトシ

テストステロン増やしたいんだが、何をしたらいいの?