細マッチョを目指すということは、それは即ちモテたいということ!

そして細マッチョになるためには、筋トレは欠かせません。

 

例外的に元々の筋肉量がすごいあって、その上に脂肪が乗っかってるパターンは別です。

「学生時代にガッツリ運動していた&筋肉つきやすい体質」の場合、筋トレは要らずダイエットだけでよい場合があります。

 

まあそういうのは例外なので、基本的に懸命に筋トレをして筋肉を付けていく流れになります。

その時に、重視したいのが『鍛える筋肉の優先順位』です。

 

細野マチョ道細野マチョ道

ここを決めずに突き進むとエネルギーと時間の効率が悪くて、遠回りをしやすくなります。

なので、指針が必要です。

 

細マッチョになるために優先順位の高い筋肉の部位ランキング!!

優先して鍛えていきたい部位のランキングです!

大胸筋

やっぱり厚い胸板はかなり大事です。

大胸筋って服の上からでも存在感を放つので、ここが鍛えられていると印象がガラリと変わります。

 

大胸筋がいい感じに発達していると、服が似合います。これは大事。

文句なしの1位筋肉です。

 

肩(三角筋、僧帽筋上部)

大胸筋と同じく服の上からアピール出来るのが肩!

肩と言っても2種類あって、肩幅を作り出すのが三角筋。

そして、首の付け根のとこの僧帽筋。肩がこる場所です。

 

優先順位的には、やはり三角筋!

ここを鍛え上げてサイズアップすると、肩幅が広くなり逆三角形のカッコイイシルエットを作れます!

 

背中(広背筋、僧帽筋中部、脊柱起立筋)

意外とスルーされがちなんですが、分厚い背中は男らしさを創出します。

 

背中の筋肉は逆三角形に欠かせない

背中を鍛えていくと正面から見た時に背中の筋肉が張り出して見えます。

これまた、分厚さ・たくましさを感じさせる上に、逆三角形感を強めてくれるので大事な部位です。

 

 

左が背中の筋肉ありバージョン。右が背中の筋肉ナシバージョン。

どうでしょう?かなり違いますよね。

ゴリマッチョの肉体なのでピンと来にくいかもですが、いずれにしても背中の張り出しがある方が逆三角形のカッコイイ体型に見えます!

 

脚(太もも、お尻)

脚トレはとりあえずキツいです。

それでいて目立つ部分じゃないので、やらない人は多いです。

 

なので、細マッチョでモテる体を作るをいう目的においてはそこまで重要視しない人も少なからずいます。

ただ、個人的には是非とも取り入れて欲しいですね。

 

脚を鍛えると、スタミナがアップする

なぜなら、脚(お尻含む)周りには、体全体の60~70%の筋肉が集結しています。

だからこそキツいのですが、ここを鍛えることでまず体力がかなり付きます。

体力がアップすると日常生活の活力が増しますので、仕事や勉強なども捗り生活の質が高まる可能性が高いんですよね。

 

加えて、心臓の血液を送り出す機能も向上するため、他の部位の筋トレの質も高まります。

脚トレをすることで、体全体に作用する良い効果は思いの外おおきいのです。

 

とは言え、目立つ部位ではないという理由でランキングとしては下の方の順位となっています。

 

腕(力こぶ、二の腕、前腕)

たくましい腕ももちろん大事です。

特に前腕がムキムキっとして筋張るのが好きという女性は多いです。

 

ただし優先順位は低めです。

胸、肩、背中がヒョロいのに腕だけムキムキなのも変です。

 

何より、腕の筋肉は他の部位の筋トレで使われるので、ついでに鍛えられます!

大胸筋の筋トレ時に、上腕三頭筋(二の腕)が。

背中の筋トレ時に、上腕二頭筋(力こぶ)が。

ダンベルやバーベルをつかう筋トレ時に前腕が。

 

なので、特別鍛えるまでも無く、他の部位が充実してきたら追加していくという認識の方がちょうどいいです!

 

腹筋

腹筋が好きという女性は多いです。

そして筋トレと言ったらまず腹筋だろ!とガンバる人も多いですが、後回しで全然いいんですよね。腹筋は。

何故かと言うと、見られる機会が少ないから!

 

服を来ていたら見えないし、大胸筋や肩のように服の下から存在感をアピールも出来ません。

外で披露するにしても夏場限定ですし、女子と二人きりの時に見せる機会といえば夜の営みですが、そこで披露してもという状況です。

 

よって、腹筋を鍛える優先順位は最下位。

完全に後回しです。なんだったら無視してもいいレベルです。最初は。

 

それに腹筋を割るためには、腹筋をやるよりもダイエットをして体脂肪を減らす方が効果的なため、腹筋トレを頑張る理由は弱いです。

細マッチョを目指す減量ダイエットのやり方

 

筋トレ部位別優先順位 まとめ

  1. 大胸筋
  2. 肩(三角筋、僧帽筋上部)
  3. 背中(広背筋、僧帽筋中部、脊柱起立筋)
  4. 脚(太もも、お尻)
  5. 腕(力こぶ、二の腕、前腕)
  6. 腹筋

こんな感じの順位となりました。

 

胸、肩はマジで見た目をガラリと変えてくれるので、積極的に鍛えましょう!!

そして、変化を味わってテンションを高めつつ、他の部位も取り組んでいくと楽しくモテボディに近づいていけます!