当ブログでは、腹筋の優先順位は低いです。

鍛える筋肉の優先順位【モテる細マッチョ】

 

けれども、筋トレといったらまず腹筋が思い浮かぶ人は多いです。

「腹筋が割れている=カッコイイ」という面もありますしね。

 

腹筋ローラーを選ぶ時の注意点

みーこみーこ

コレって、「嵐にしやがれ」で嵐のみんながGACKTさんの腹筋ローラーレッスン時に使ってたやつだ!笑

 

腹筋ローラーを買うなら、↑こういった負荷がそこそこ軽めのものがオススメです。

負荷が軽めと言っても、十分に効くので腹筋トレーニングとしては文句なしです。

これでカッチカチの腹筋は十分作れます!

 

一輪タイプのアブローラーのデメリット

一輪のタイプだとキツすぎます。

バランス取るのも難しくて、下手するとケガします。(2輪タイプのものでも十分キツイです。)

負荷がかなり強い分、腹筋のみならず腕や背中も力強く鍛えることが出来ます。

 

ただし、ものすごくキツイので”続けられない可能性”が高まります。

筋トレは続けてナンボですから、これはデメリットとしてデカイです。

 

ちなみに、一輪タイプの腹筋ローラーって、昔からあるタイプなんですよね。

アブローラーの先駆けのようなもの。

四輪のタイプや車輪が大きいタイプは、いわば改良版です。

 

細野マチョ道細野マチョ道

私は2輪タイプを持っててたまに使ってますが、物足りなさを感じたことはありません。笑

あずさあずさ

つまり、1輪はオススメじゃないってことだね!笑

腹筋ローラーで筋トレする時の注意点

腹筋ローラーは、キツイです。

よくある腹筋のイメージで臨むと、思わぬケガにつながる可能性があるので注意が必要です。

よくある腹筋は、簡単にできちゃう。

腹筋ローラーで腰痛になる理由

一番多いケガ、負傷が「腰痛」。

腰って、文字通り”体の要”ですので、痛めてしまうと日常生活に支障が出ます。

 

なぜ、腹筋ローラーで腰痛になるか?

ゴリマチョ先生ゴリマチョ先生

それは、腹筋が弱いからです!

 

腹筋で支えきれなくなって、腰関節に体重が一気に載ってしまうと腰が逝きます。

 

腰痛にならないための腹筋ローラー法

方法は、シンプルです!

腹筋で支えられる範囲内でやるんです。慎重に。丁寧に。

 

最初は、膝立ちで腹筋ローラーを転がす方法、いわゆる『膝コロ』が絶対にオススメです。

最初から立った状態で出来る人は稀です。

 

肩や肘関節も注意

腰だけではなく、肩や肘にも意外と負荷がかかっています。

肩や肘は、体を伸ばしていくほど負荷がかかりますので、最初の頃はそこまで感じません。

 

この場合も、腰痛と同じで腹筋が支えきれなくなった負荷が一気に載ってしまうことで痛めます。

ゴリマチョ先生ゴリマチョ先生

防ぐ方法は、これまた腰痛防止のやり方と同じで「腹筋で支えられる範囲内で行う」です。

最初は強烈な筋肉痛になるから気をつけよう!

慣れてない初めの頃は、10回とかでも次の日に筋肉痛が来ます。

始めたてのモチベーションの高さでガンガンやってしまうと、翌日大変なことになるので要注意です。

 

あとは、せっかく鍛えたのであればキチッと栄養補給して筋肉合成を促進させるのがオススメです。

筋トレをしているだけでも筋肉は成長しますが、栄養を意識しないのはもったいないです。

【筋肉サプリ関連記事】

GACKTの筋肉サプリの効果を高める方法

レイザーラモンHGのサプリメントの魅力はコレ

 

腹筋に効かない理由

転がしてるんだけど、腹筋にイマイチ効かないと感じる人もいます。

その場合、お尻が引けてて腹筋で支えていないことが多いです。

 

最初の頃は、膝コロでほんの少し転がすだけで、次の日筋肉痛になるくらい効いたりします。

それくらい負荷が強いですので、ビビって腰が引けてると腹筋に効かなくなります。

 

細野マチョ道細野マチョ道

ちょっとずつでいいから、腹筋で支えながら転がしていくだけで腹筋は鍛えられます!

ゴリマチョ先生ゴリマチョ先生

さらに、転がした腹筋ローラーを戻す時に”腹筋を丸める”意識でやると、しっかりと効きますよ。

アブローラーは、膝コロで十分!コレはマジ

立った状態から転がして元の状態に戻る。

いわゆる「立ちコロ」ってやつですが、これには憧れます。

 

細野マチョ道細野マチョ道

ただ、少しでも腹筋ローラーをしたことがある人なら分かると思います。

立ちコロのハンパないキツさを・・・((((;゚Д゚))))

ゴリマチョ先生ゴリマチョ先生

腹筋を鍛えてカッチカチにするのが目的なら、膝コロで十ーーー分ですよ!

立ちコロにチャレンジしたい場合は?

膝コロを数多くこなさないと効かないレベルになってから、立ちコロにチャレンジするのはアリです!

そのレベルになったら、腹筋のみならず、前腕や肩周り、背筋など”腹筋ローラー時に体を支える補助筋もしっかりと発達している”のでケガをしにくいからです。

 

アブローラーで腹筋を鍛える時の注意点まとめ

  • 一輪タイプよりも、車輪が多いor車輪が太いタイプの方がやりやすい
  • 腹筋ローラーをする際は、慎重に。
  • 腹筋で支えられない状態になると、腰に負荷が集中して腰痛になりやすい。
  • 腰痛だけじゃなく、肩関節や肘関節も注意が必要。
  • お尻が引けてると腹筋に効きにくい。ちょっとずつでいいから、腹筋で支える意識で前に転がす。
  • 腹筋を鍛えるのが目的なら、膝コロで十分。
  • 立ちコロがしたいなら、まずは膝コロが物足りなくなるまでやり込むべし。

 

みーこみーこ

見た目以上に大変なんだね、腹筋ローラーって。